お勧めの家具調こたつの選び方


家具調こたつとは
使えればよいというレベルのプラスチックこたつ等と対極にある
日本家具のジャンルに分けられる最高級こたつの総称です。

またその外見の良さから
夏場もそのまま木製の高級テーブルとして置いておく事を前提としています。
さらに最近はフラットヒーターと呼ばれる超薄型のヒーターを搭載しているモデルも
出てきており横から見てもこたつと分からない美しい商品も存在します。

本物の家具調こたつの制作には
オークやウォールナットやタモ等の高級木材が使われ
一つひとつ手作りされていきます。
木という生きた素材を使用する為、完全に同じものは存在せず、
自分だけの一品物となりますので所有欲を存分に満たしてくれます。
当然、自動的に機械が作るわけではなく
家具職人が組み上げる為加工精度も高いので頑丈で長く愛用していけます。

よく新築の綺麗な家の部屋の中心に
ぽつんと貧相なプラスチックこたつが置いてあります。
はっきりいってせっかくの新築の部屋の美観を損なっています。
部屋の中心に置かれる事の多いこたつは家具の主役となり一番目立つので
もしここに本物の家具調こたつがあれば部屋をより上品に引き立たせる事が可能でしょう。


電気系統の安全性の低さ、
どんな有害物質が含まれているか分からない塗料
技術不足の組み立て・・・
コストばかり追い求めた結果
耐久性や安全性が軽視された意識の低い
ホームセンターで売られているような
中国製等の1万円以下の激安こたつは絶対おすすめしません。


こたつは日本の文化で育ってきた電化製品では無く
「日本家具」
なのです。
ならば必然的に日本人の職人が作る本物の家具調こたつこそが
最高品質であるのは言うまでもありません。
家具調こたつの選び方

1.日本で作られていること
最近はホームセンターやニトリ等で見た目は同じように見せた
「自称家具調こたつ」と謳った商品があります。
お値段はそれなりにしますが
実は中国等や東南アジアで施工され、化粧でそれっぽく見せた商品がほとんどです。
例え日本製のコピーとして同じように作られていても
所詮見まねで作っている為、日本製の熟練職人の腕にかなうはずもなく
ガタつきや各部材の精度の悪さ、一度ネジを締めると再度締めなおすと
緩々になってしまう等見えない部分が使っているうちに露呈してきます。
はっきり言って、海外製品は日本製品の最低レベルにも及びません。
それでも結構なお値段で売られていますのでご注意下さい。
酷いお店の中には高価な日本製と一緒に並べ、
他は日本製と書いている中で海外商品だけ産地を書いていなかったりします。
(日本製と勘違いして思わず安い海外製こたつを購入するように誘導しているとしか思えません)
購入の際は必ず日本製とかかれたものか店員にきちんと確認してから購入してください。

2.本物の木材が使われている事

これも安価な「自称家具調こたつ」では本物の木を使わず
オガクズを集めて固めたボードの上に木目のプリントを貼り付けていたりします。
はっきり言って最近のプリントの技術は高く
素人の目からはぱっと見では見わけがつきません。
偽物の木材であり、耐久力も低く、とても高価な商品とは言えませんので
ご注意下さい。
材質表記に天然突板や無垢材と書かれた商品を選択しましょう。


3・木目をつぶさない繊細な塗装がされていること

よく表面にべったりとワックスのかかったような分厚いウレタン塗装がされた
テカテカの天板のこたつがありますが、
意図してキズに強くする為に塗られた場合を除いて
木材の質の悪さを誤魔化す為や塗装の技術が低い為、何度も吹き付けている場合がほとんどです。
高価な日本家具を見れば分かるのですが
自然の持ち味を大切にする日本人の精神として
木材の持つ本来の魅力を引き立てる為
木目をつぶさないように絶妙な吹き加減で塗装を行います。
木目をつぶさず、薄くまんべんなく全面に塗装を施すには高度な技術が必要ですので
これがきちんと残っているものは塗装スキルが高い商品と言えます。
さらに国内では塗料の安全基準が世界最高の厳しさで決められています。
その中でも国産家具の多くがF☆☆☆☆(フォースター)というJISで定めた
非常に厳しい基準をクリアしていますので
やはり日本家具を作る職人の真面目さと安全へのこだわりが伝わってきます。


日本家具はお値段も高く
気軽に手を出せるものではないかもしれませんが
家具というものは常に身近で使いつづけるものです
(ものによっては一生使えるものも!?)
価格だけで判断するのは安物買いの銭失いになりますので
よく考えてから購入してください。

安全性が低く、見た目も貧相な商品を安いだけで使用するより
品質が高く、安全な本物の家具を選択した方が満足度はかなり高いと思います。
さらに天然の木を使用した家具はは二つと同じ木目が無く、
使い続けることで経年変化(エイジング)で
より深い色へ変化し、小さな傷も味となっていくので
より一層愛着が湧く事間違いありません。

家具調こたつのお値段はひとつ10万円前後が基本ですが
ここで書かれた条件を全て満たし、
完全に手作りの家具調こたつを安価で扱っているお勧めのお店jは
このお店です。
購入者の評価も非常に高く
実際に使ってみましたが、やはり本物は全然違います。
どうせ10年以上使い続けるのであれば良い家具調こたつを購入した方がコストパフォーマンスは
高いと教えられました。

皆さんが本物の質の良い家具調こたつと巡り合える参考になればと思います。


[PR]

  by fackeln | 2012-06-11 13:02 | お勧め逸品

ねこたつU(´・ω・`)U >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE